Webサイトでチャットサービスを提供する企業が増えている。このニーズの高まりと共に注目を集めているのが、AIとチャットbotを組み合わせた無人対応だ。営業時間外でもまるで人が応対するかのように顧客と会話するため、実現できれば大幅な効率化が期待できる。昨今では、問い合わせの初期段階ではチャットbotを使い、より具体的な相談になってからコールセンターのオペレーターが応対するケースも増えている。