「プログラマティック・ギャランティード」という名称で、昨年からCM枠販売に関する「プライベート・オンライン取引化」が始まっているが、これは実は放送局の「防衛自助努力」なのだ。放送局はニールセンのデータに頼らないサードパーティーのオーディエンスデータを付加して、自社番組の品質を保ちつつ(=数字を引き上げ)、自社のセグメントデータを基準としてギャランティード(=保証)する新たな売り方を始めている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>