全世界で1400万件以上ダウンロードされている、位置情報を活用したスマートフォン向けゲームアプリ「Ingress」。このゲームをいち早くマーケティングに取り入れているのが、三菱東京UFJ銀行だ。活用を始めたのは昨年6月から。当初は支店やATM(現金自動預け払い機)の認知拡大などが目的だったが、9月からはデビットカード「三菱東京UFJVISAデビット」の新規申し込みなどにも活用の幅を広げている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>