R.STYLEの開設に当たって、福本氏らが、激しく衝突した相手が営業部門だった。それまでリンナイの製品の大半は、ガス会社や工務店などの取引先を介して販売していた。直販はいわばそうした流通企業の中抜きにもなりかねない。取引先の間で不信感が広がれば、真っ先に影響を受けるのは営業部門だ。「ECサイトによる直販に乗り出すという話が出た当時、営業部門としては、やはりすぐには受け入れがたい部分はあった」と営業本部営業部営業企画室の中尾公厚部長は言う。