健康情報サイト「WELQ」などの一時閉鎖を契機に、ネットメディアへの不信が高まりつつある。どんな課題が残されているのか、どのような対策が考えられるのかを追った。

 「えっ、私の写真がなぜこんなところに?」──。知人が知らせてきたページにアクセスした都内のサービス業A社を率いるアラフォー世代の女性社長aさんは、驚きのあまり声を失った。自分の顔写真が載っていたのは、有名タレントとウワサになったAV女優をまとめた「NAVERまとめ」の記事。そこに某有名俳優と付き合っていたAV女優として自分の写真が載っていたのだ。もちろんまったくのデタラメである。

 健康情報サイト「WELQ」をはじめとするディー・エヌ・エー(DeNA)が運営していたキュレーションメディアは、記事内容の誤りや、他サイトの記事を著作権に抵触しないレベルまでリライトして組織的に量産する手法が問題視された。結局、全10メディアが一時閉鎖に追い込まれ、一件落着の感がある。だが、キュレーションメディアの闇はこんなレベルでは済まない。

探しあう検索を標榜する「NAVERまとめ」。監視で3本に1本が非公開になるという
探しあう検索を標榜する「NAVERまとめ」。監視で3本に1本が非公開になるという

 話を続けよう。a社長がNAVERまとめで、なぜ“AV女優扱い”されるようなことが起きたのか。そのカラクリは至って単純だ。そのAV女優と同姓同名のスタッフがA社に在籍していて、彼女の名前が載っているA社Webサイトのページにa社長の写真がある。そのため、Google画像検索でそのAV女優名を検索すると、検索結果のサムネイル画像群にa社長の画像が表示されるのだ。まとめ記事の作者は、そのAV女優の顔もよく知らぬまま、適当にa社長の顔写真をピックアップしてまとめたと推測できる。全く迷惑な話である。

 慌てたA社の広報スタッフは、早速NAVERまとめを運営するLINEに連絡を取り、写真の削除を要請した。ところが、LINEからの返答は驚くべき内容だった。曰く「サイトの特性上、投稿者本人しか内容の修正・削除ができない。投稿者様にはお伝えした」。つまり、連絡はしたが消すかどうかはまとめ作者本人次第ということになる。

 これは当分消えない可能性があると覚悟したa社長は、苦慮の末、自身のFacebookで“AV女優人違い事件”に巻き込まれている旨、笑い話としてFacebook仲間に伝えた。過去にa社長に取材経験のある記者は、この投稿でトラブルを知った。

 「こんな明らかな誤りでもLINEは削除に応じないのか?」。疑問に思った記者はLINE広報に経緯を問いただし、「自宅住所などが書き込まれてもLINEは何もできないのか」など削除基準について取材を申し込んだ。数時間後、a社長の写真はあっさりと削除された。LINE広報からは、「申告された内容を鑑み、利用規約違反として削除対応すべきものだった」との回答があった。

 結局、ネット炎上関連の書籍を数冊出したような“うるさ型”の記者などが問題視しなければ、改めて精査せず、「本人からの申し出ではないから、まとめ作者に連絡のみ」という流れ作業で済ませてしまっていたと言える。泣き寝入りしている人が他にも多数いるのではないだろうか。

 もう一つ、NAVERまとめにまつわるトラブルを挙げよう。2014年11月、消費税率10%への引き上げ先送りとアベノミクスへの信任を問うという名目で安倍晋三首相が衆院を解散した際、解散の大義を問うサイト「どうして解散するんですか?」が話題になった。解散を疑問に思った小学4年生が自分でサイトを作った、という触れ込みだったからだ。

 だがドメインの取得者情報などから作者が大学生B君だとバレ、彼は猛烈なバッシングにさらされた。それから数日後、NAVERまとめに「B君の彼女まとめ」なるものが現れた。B君の彼女とされる女性が参加したイベントをレポートしているブログなどから、顔写真を片っ端から集めてまとめたものだ。世の中には根性のねじ曲がった人がいるものである。

幹部社員が問題案件を自ら拡散

 ところが、あろうことかLINEの幹部社員が、この彼女まとめ記事を自身のFacebookで紹介、というより笑いものにしていた。

ネットで炎上した学生の彼女とされる女性をまとめたNAVERまとめ記事を、LINEの幹部社員が個人のFacebookで紹介
ネットで炎上した学生の彼女とされる女性をまとめたNAVERまとめ記事を、LINEの幹部社員が個人のFacebookで紹介

 B君が当時を振り返る。「どうして解散?のサイトについては、いくら批判されても当然。甘んじて受け止めます。しかし昨今、事件の加害者の家族にまで批判や攻撃が及ぶことが懸念される中、家族ですらない人がこんな目に遭うのは耐え難い。ましてそれを運営元の幹部が拡散していたのだから」と不信感を募らせる。

 彼女まとめは、“第三者”からの通報を受けたLINEがプライバシー侵害と判断し、すぐに削除された。“AV女優人違い”でも削除を渋るLINEが即時削除するほどの深刻な案件を、よりによって自社の幹部が拡散していたことになる。

 それだけに、幹部のFacebook投稿には、懸念や批判のコメントが多く寄せられた。コメント欄2番目の「さすがに彼女まで晒すのはなあ」は、キュレーションプラットフォーム「nanapi」開設者のコメントで、これが最多の「いいね」を集めた。

 なお、彼女まとめの拡散についてLINE広報は、「個人の投稿であり、当社の方針とは関係ありません。当社従業員がプライバシー侵害の恐れがあるまとめ記事を紹介したことは軽率な行為だった」としている。

ノイズレスサーチのリリースを伝える記事
ノイズレスサーチのリリースを伝える記事
広告配信停止を呼びかける署名運動サイト
広告配信停止を呼びかける署名運動サイト

 NAVERまとめにはDeNA事件以前から不満、批判が絶えなかった。質の低いまとめ記事も多く、検索結果からNAVERまとめや「Yahoo!知恵袋」を外せる「ノイズレスサー チ」なるサービスが登場。そしてDeNA事件以降は「NAVERまとめに写真を勝手に使われている」と抗議する人が増え、ついには署名運動サイト「Change.org」で、ヤフーに対してNAVERまとめにネットワーク広告配信をしないようにという呼び掛けも始まった。業界人以外にはやや難解なテーマだが、それでも賛同する署名が4500人ほど集まっており、不満の根深さをうかがわせる。

 なおLINEは昨年暮れ、著作権侵害の申告があった場合に一旦非表示にしたうえで判断する「みなし非表示対応」を導入したと明らかにした。

 だが著作権よりも懸念すべきは、先に挙げた2例のように、NAVERまとめに人間の尊厳に対する配慮が欠落している可能性があることだ。今後の対応を見届けたい。

この記事をいいね!する