東京・渋谷区がデジタルマーケティングを活用した観光情報の発信に力を入れている。3月までに、渋谷区内の800カ所にBeaconを設置する。このBeaconを通じて渋谷区観光協会が2016年12月に提供を始めたスマートフォン向けアプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」に観光情報を配信する。将来的には設置したBeaconを情報発信のインフラとして企業に開放する方針だ。