ゴールドウインのザ・ノース・フェイス事業部は2018年1月15日、ドーム型テントの新商品「Geodome4(ジオドーム4)」を3月に発売すると発表した。「ジオデシック構造」と呼ばれる、曲面を多面体で構成する構造を骨組みに用い、一般的なドームテントの半球形よりもさらに球形に近いデザインが特徴だ。このため、4人用サイズだが内部の高さは210cmあり、複数人が立って動き回ることも可能となった。天井の傾斜が緩やかなため、一般的なテントに比べて閉塞感も少ないという。プロではなく「家族や友人連れ」といった一般ユーザーがターゲットで、ゴールドウインが2年間かけて、日本の大学と共同開発した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>