コワーキング・スペースを提供する米キャノピー(Canopy)のデザイン戦略が注目されている。ほかの同様なスペースに比べて居住性を重視。落ち着いた色調でまとめ、利用メンバーを65 人程度に絞り、ゆったりとした雰囲気を確保した。