2015年10月29日から11月8日までの11日間、「第44回東京モーターショー2015」が開催された。今回のモーターショーでは自動運転関連の展示が目立った。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の実用化を見据えて、各社が競争を激化させていることの表れだ。