台湾の台北市文化局は2015年9月3日から9月23日まで、日本のソーシャルデザインの事例を集めた展示会「社計思維 社会を救うデザイン展」を開催した。台北は2016年に、国際インダストリアルデザイン団体協議会が選出する「ワールド・デザイン・キャピタル(WDC)」のモデル都市となる。本展示会は、そのプレイベントとしてWDCの意義を市民に周知する目的で行われた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>