米国で急成長するスマートフォンを使った配車サービスの大手2社が、デザインでも競い始めた。日本でも知られるウーバーと、ライバルのリフトは「送迎車」と明確に分かるユニークなマークを作り、ドライバーに配っているからだ。ウーバーは黒字に白の「U」マークを車のウィンドシールドに貼り、リフトは2015年初めから「ピンクの口ひげ」をマークにしたプラスチック製のLEDライトをダッシュボード上に掲げるようにした。ユーザーにとっては、それぞれの車を間違えることがなくなったと好評だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>