2015年2月13日から17日まで、ドイツ・フランクフルトにて世界最大級規模の消費材見本市「アンビエンテ2015」が開催された。出展者数は94カ国・地域から4811社。日本からは主催者発表の92社に加え、現地代理店経由で参加しているメーカーも多い。5日間の来場者数は152カ国・地域から約13万5000人と昨年から1万人ほど減少したものの、ドイツ国外からの来場者が過去最高の53%を占めた。国外の来場者ではイタリア、フランス、オランダ、イギリス、スペインと欧州でも消費材市場が大きい地域が主だが、中東とアジアからも増加傾向にある。