「目指すのは、クライアントのビジネスツールとなる“役立つデザイン”。デザインの本来の目的は、知名度を上げたり集客したり、結果を出したりすること。たとえプレゼンに通っても、ビジネスの役に立たなければ意味がない」。そう話すのは、GRAPHの北川一成氏だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>