秋のシリコンバレーは毎年、IT関連企業が主催するカンファレンスが目白押しだ。プログラマー向けに新しい製品やサービスを発表する場として、カンファレンスはますます重要な存在になってきている。そうした中、2016年9月に開催されたギットハブ(GitHub)社主催のカンファレンスがユニークだった。通常のカンファレンスは一般的なコンベンションセンター内で開かれ、事務的で画一的なイメージだが、同社の場合は内部空間をデザインし、来場者であるプログラマーたちの意識に強く訴求するさまざまな仕掛けを盛り込んでいたからだ。