外国人観光客などが日本国内を移動する際に困らないよう、言葉に頼らず目で見るだけで案内を可能にするピクトグラム(案内用図記号)。日本で一般に知られるようになったのは、1964年の東京オリンピックの際に、「陸上競技」や「水泳」「バレーボール」などの競技種目を表すピクトグラムを作ったときだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>