ウェブ上で複数が協働しながらプロトタイピングやデザインを考えるときに使うデザイナー向けITツール「InVision」が急成長している。開発した米インビジョンの創設は2011年とまだ新しいが、既に200万人以上のユーザーを抱え、米フェイスブックやアップル、ネットフリックス、ウーバーなどでも使われているという。最近になって新たに5500万ドルを資金調達するなど、投資家からも注目されている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>