京都造形芸術大学で行われたシンポジウムのために2016年5月に来日したディーター・ラムス氏は、独ブラウン社の製品を数多く手がけた世界的に有名なプロダクトデザイナーだ。ラムス氏と40年来の付き合いで、ミュンヘンと京都市に拠点を置くf/p designのフリッツ・フレンクラー・代表の2人に、これからのデザイナーの在り方を聞いた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>