米ミネソタ州に本社を構え、「ポスト・イット」や「スコッチ」といったステーショナリーで知られる3M。さまざまな技術基盤を持ち「Science Applied to Life」を掲げる同社の事業領域は、ヘルスケアから自動車、通信、エネルギーなど多岐に渡っている。デザインを戦略基盤の1つにも打ち出しており、エリック・クイント氏には同社初のチーフデザインオフィサー(CDO:最高デザイン責任者)の肩書がある。高い技術力を競争力としてきた3Mは、デザインでどう変わろうとしているのか。クイント氏にデザインの役割を聞いた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>