TAKT PROJECTの吉泉聡・代表は、ミラノサローネなどでも活躍する注目のデザイナー。製品の作り方やものごとの境界といった「既存の枠組み」を超えた柔軟な発想力を生かして、「自主研究」と呼ぶデザインプロジェクトに取り組み、そこから得た知見をさまざまなクライアントワークにフィードバックする。これを繰り返しながら、その発想の引き出しをどんどん増やしているところが特徴であり、魅力だろう。