兵庫県の「ひょうご産業活性化センター」が10月23日、地域内の起業・創業をサポートするための拠点として「起業プラザひょうご」をJR三ノ宮駅前に開設した。延べ床面積835平方メートル。ワーキングデスク16席、スモールオフィス17室、コワーキングスペース、セミナールームなどで構成。起業を目指す人などにスモールオフィスやワーキングデスクを提供するほか、会員同士の出会い・交流、コーディネーターによる情報提供・相談サービスを提供する予定だ。