10月17日、広島県尾道市のせとうちクルーズが運行する宿泊型の客船「ガンツウ」が、尾道市のベラビスタマリーナで就航した。ガンツウのコンセプトは、「せとうちに浮かぶ小さな宿」。木材を多用した客室に、瀬戸内の風景に溶け込むように設置された切妻の屋根という、今までの客船にはないデザインも特徴だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>