徳島県上勝町は、料理に添える葉っぱを売る「葉っぱビジネス」で知られる町。2003年に日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を発表し、ゴミの分別や、不用品の譲渡などを通じて、全住民が「リユース」「リデュース」「リサイクル」の3Rに取り組んでいる。こうしたさまざまな活動が話題となり、人口約1600人の小さな町でありながら、年間約1800人(2016年度)の視察者が訪れる。