スズキユウリ氏は、サウンドアートやエクスペリエンスデザインを専門とし、英ロンドンを拠点に活動している。特にサウンド分野で高い評価を受けており、ロンドンのテート・ギャラリーや東京都現代美術館など、国内外の多くの美術館で展示を行ってきた。何でも電子楽器に変えてしまう電子工作プラットホームの「OTOTO」を含む2つの作品は、 2014年にニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクション(永久収蔵品)に認定されている。