グラフィックデザイナーの有馬トモユキ氏と、エクスペリエンスプランナーの瀬島卓也氏は、テレビアニメと視聴者の関係をデザインで変えようとしている。「アニメのデザイン」と聞いて想像するのは、タイトルロゴやキャラクターデザインだろう。2017年4月からTOKYO MXやBS11などで放映が開始された「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」というアニメではタイトルロゴや街角の看板、架空の企業のロゴも、主人公が使うペイントソフトのユーザーインターフェースまで、劇中に登場するグラフィックは両者が率いる8人のデザインチームでディレクションされている。