デンソーはブランディング強化の一環としてオリジナル開発したコーポレートフォントを導入し、2017年1月から順次、広告やポスターや企業案内、ウェブサイトなどコミュニケーション分野に採用していることを明らかにした。社員の名刺の文字も新しいフォントで印刷している。一部の文字だけにオリジナルフォントを適用したり、既存のフォントをカスタマイズして使ったりする企業はあるが、欧文や数字、和文などすべてのフォントをブランディング向けに刷新するケースは珍しい。