クライアント企業の経営トップの「何が何でもリブランディングをやり遂げる」という強い意志に応えるため、単なるデザインの領域を超えてサポートできるだけの資質がデザイナーにも求められる。例えば、社内にもワークショップなどを通じて今後の目指す姿を理解できるよう、デザイナーが支援すべきである。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。