「ミスタードーナツ」ブランドの再構築を狙うダスキンは、顧客ニーズに応えるため既存の店舗を3つの業態に再編成した。1つの店舗だけでは、ニーズを満たせないと判断した。さらに画一的だった店舗デザインを改め、店ごとの自由度を高める方針を掲げている。