2017年夏は、全米各地で「サマー・オブ・ラブ」が起こった1967年から50周年に当たるため、シリコンバレーがあるサンフランシスコ市でもさまざまなイベントが今春から今夏にかけて開催されている。サマー・オブ・ラブとは文化や政治的な主張を伴う一種の社会現象で、特にサンフランシスコ市は「フラワー・チルドレン」と呼ばれたヒッピーたちが10万人以上も集結するなど、ムーブメントの中心となった場所でもある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>