2017年夏は、全米各地で「サマー・オブ・ラブ」が起こった1967年から50周年に当たるため、シリコンバレーがあるサンフランシスコ市でもさまざまなイベントが今春から今夏にかけて開催されている。サマー・オブ・ラブとは文化や政治的な主張を伴う一種の社会現象で、特にサンフランシスコ市は「フラワー・チルドレン」と呼ばれたヒッピーたちが10万人以上も集結するなど、ムーブメントの中心となった場所でもある。