「スマートフォンの機能を持った小型の人型ロボットを、みんなが持つようになる。最初はスマホとの2台持ちだが、最終的にはスマホを解約し、ロボットだけをポケットに入れておく。そんな日がやってくる」──ロボットクリエーターの高橋智隆氏が描く、近い将来の話だ。