グラフィックデザイナーから家業を継いで社長業に転身。デザインと経営の両方を知る岡崎忠彦・社長にとって、デザインはコミュニケーションツールだという。