「プレゼンする企画を考えるとき、まず決めるのはブランドやサービスの行き先。具体的に『こうなったらいいな』という未来像を設定する。企画は時間が許す限り考え続け、最も行き先に近いアイデアを提案している」