「プレゼンする企画を考えるとき、まず決めるのはブランドやサービスの行き先。具体的に『こうなったらいいな』という未来像を設定する。企画は時間が許す限り考え続け、最も行き先に近いアイデアを提案している」

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>