米サンフランシスコを拠点に活動するスイス人で世界的なデザイナー、イブ・ベアール氏が最近、立て続けにロボット関連のデザインを発表している。べアール氏のデザイン事務所「フューズ・プロジェクト」はシリコンバレーに近いこともあり、デジタルやIoT(モノのインターネット)関連の製品デザインをこれまでも手がけてきた。大手企業とプロジェクトを推進する一方、社会貢献活動にも積極的なベアール氏だけに、開発したロボットはどれも一味違う。未発売のものもあるが、いずれも実用レベルだ。