三菱UFJ信託銀行が開発中の「ビッグデータ活用型」ファンドの第一弾の概要が明らかになった。資産運用のプロ向けに配信されているニュースをコンピュータで即座に分析し、株式市場の中から割安と考えられる銘柄やその逆の銘柄を自動的に選び出すというもの。この結果をもとにファンドマネージャーが株式を売買する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>