日本交通が始めたタクシー車内でのCM動画視聴による値引きサービスが受け入れられれば、当然ながら配車アプリの利用が増えていく。これにより、日本交通のデータ活用戦略が大きく転換する可能性も秘める。