ゲームソフト開発大手のセガが、ビッグデータの活用を積極的に進めている。事業ごと、サービスごとにバラバラに発行・管理していた自社ユーザーの会員IDを、3年前に「SEGA ID」として統一。昨年5月には米クリックテックのBI(ビジネスインテリジェンスツール)ツール「QlikView」を導入した。