自動車の走行距離や「急ブレーキをかける」「ハンドリングが荒い」といった運転者ごとに異なる運転特性などの運転関連データを、車載の情報機器で収集・分析し、保険料に反映させる「テレマティクス保険」と呼ばれる新しい自動車保険の販売に、日本の損害保険会社が積極的に取り組み始めた。