クルマを走らせるだけで、凍結しているのか、乾燥しているのか、道路の表面がどんな状態かを、リアルタイムでより正確に把握する──。ブリヂストンは、道路に絶えず接触しているタイヤにセンサーを埋め込み、そのデータを活用することによって実現しようとしている。これまでは、プロの専門家が実際の道路を歩いて判断していたが、これからはその面倒な作業が不要になる。