コマツは2016年までに総額200億円をかけ、世界18拠点にある補給部品の供給体制の効率化を進める。作業要員や出荷に伴う時間を半分以下にする一方で、補給部品の需要を予測して在庫の最適化を進める。