「常に最新かつ有用なサービスをビルのオーナーや入居する方々に提供したい」。竹中工務店の後神洋介情報エンジニアリング本部長は、照明や空調、エレベーターなど様々なビル設備の管理で2015年から本格的なビッグデータ活用を始める背景をこう説明する。

 一定規模以上のビルには管理用の設備が備え付けられている。「いわば脳や神経にあたる部分で中枢となるものだが、年月を経て古くなったからといって、更新するのが難しい」(竹中工務店の児玉正孝役員補佐スマートコミュニティ推進室長)。

 こうした課題を解決するため、竹中工務店が至った結論が、ビル内の各種センサーから取得したデータをクラウド側に収集し、そこから制御することだった。まさにビルのIoT(Internet of Things)と言える。ビル全体のエネルギー管理の効率化だけでなく、新たなアプリケーションの提供にまで拡大した新機軸だ。

 基盤はNTTコミュニケーションズ(NTTコム)との提携で独自のネットワークを用意した。各ビルにゲートウエイ機器を置き、管理情報をやり取りする。ここ2年はデータの脱落やセキュリティを中心に検証してきた。

 そして今回の取り組みの特徴と言えるのが、「スマートフォンのアプリマーケットのようなもの」と後神本部長が例える、クラウドサービス群である。NTTコムがエネルギーのリアルタイム監視機能を提供し、日本マイクロソフト(MS)が機械学習による分析・制御サービスを提供する。

竹中工務店の「次世代建物管理システムプラットフォーム」の構成
竹中工務店の「次世代建物管理システムプラットフォーム」の構成

 日本MSのサービスは、収集したセンサーデータを機械学習機能の「Microsoft Azure Machine Learning」で分析。正常な状態を学習することで、故障や異常が発生する前に予兆をつかむ。

 こうした取り組みによって、「ベテランと同様のビルオペレーションを支援することも可能になっていく」(竹中工務店の石川敦雄技術本部技術企画部副部長企画担当)と言う。

 広告やエンターテインメント系のサービスもアプリの1つだ。例えば、入居している企業の従業員の特性にあった広告を配信したり、入居している商業施設のクーポンを配布したりといったことが考えられる。

UCバークレーに研究員を派遣

 こうした各種のビッグデータの活用の先を見越して、竹中工務店は2014年12月、米カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)に、技術研究所から研究員として1人を派遣した。機械学習などビッグデータ解析技術を2年間研究する。「今回の取り組みの次のフェーズを担ってもらうのが目的」(石川副部長)。

 デジタルテクノロジーを活用した、一般企業による事業革新の事例としても、竹中工務店の取り組みは注目を集めそうだ。

この記事をいいね!する