星野リゾート(長野県軽井沢町)は宿泊施設のスタッフの位置データを収集して、作業効率を分析する。情報の収集には詳細な位置の把握が可能な「iBeacon」を活用。従業員のエリアや時間帯別の動きを見える化し、データに基づいた改善に生かす。

 「星のや 軽井沢」において実証実験の位置づけで開始する。iBeaconのセンサーを客室や屋外に数十個設置しておき、スタッフが携帯するiPhoneとの間で通信することで位置を記録していく。

 スタッフの動きを地図上にリアルタイムに表示できるほか、作業員別、エリア別に滞在時間や移動距離を集計できる。敷地内を走行する送迎車両の管理に活用し、次にスタッフの作業効率改善に取り組む。

 データ分析会社のインフォキューブLAFLA(横浜市)の支援で導入する。iBeaconは米アップルがiPhoneに搭載した仕組みで、対応するセンサーに割り振ったID情報をやり取りする。GPS(全地球測位システム)は店舗など屋内に入ると測位が難しいという課題があった。

この記事をいいね!する