相関、重回帰、決定木──。データ分析手法には難解な用語がついてまわる。一方で手法を絞り込んで、成果を出す事業部門の担当者も少なくない。その実態とコツに迫る。