日立造船はこのほど、データ分析を基にゴミ焼却炉での発電量を最大化する新たなシステム「CoSMoS(コスモス)」を開発し、自社が建設したごみ焼却発電施設の1つに導入した。今後は新規に建設を受注する施設はもちろん、既存の施設についても順次、導入を目指す。