日立造船はこのほど、データ分析を基にゴミ焼却炉での発電量を最大化する新たなシステム「CoSMoS(コスモス)」を開発し、自社が建設したごみ焼却発電施設の1つに導入した。今後は新規に建設を受注する施設はもちろん、既存の施設についても順次、導入を目指す。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>