東京ハイヤー・タクシー協会が、タクシーの位置、時刻、乗車・空車などのステータス情報といったタクシー動態データの分析に取り組んでいる。同協会が提供するタクシー配車のスマートフォンアプリ「スマホdeタッくん」から得られるデータの分析結果を、同協会内の委員会で毎月1回共有し、活用方法を探っている。