日経ビッグデータの独自調査から、企業のデータ活用成果は部門別に大きな格差があることが判明した。成長を目指す「攻め」と、コストを下げる「守り」のデータ活用の鉄則を探る。