中堅食品スーパーのいなげやが4年前に導入したID-POSに基づく分析が成果を発揮し始めた。今夏は「塩飴ブーム」の継続を3カ月前に予測し、売り場展開を強化した結果、大きく売り上げを伸ばした。