山崎製パンは、大量の受注情報というビッグデータを活用して製品廃棄ロスを約4割削減した。全20工場のうち15工場で、受注情報を受け取ってすぐ、リアルタイムに参照できるようにしたからだ。20工場すべてで対応すれば、製品廃棄ロスの約5割を削減できるという。