JR東日本ウォータービジネスは、データ活用による施策で自動販売機1台当たりの売上高アップに注力している。2013年度は自販機の台数が微減する中、売上高を2%増やした。データ分析で暖かい飲料を並べる最適なタイミングを見いだしたことが大きく貢献した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>