JR東日本ウォータービジネスは、データ活用による施策で自動販売機1台当たりの売上高アップに注力している。2013年度は自販機の台数が微減する中、売上高を2%増やした。データ分析で暖かい飲料を並べる最適なタイミングを見いだしたことが大きく貢献した。