専門部署を新設して1年、アサヒグループホールディングスのビッグデータ活用が成果を生み始めた。過去の類似商品の販売・出荷データや、ネット上のクチコミを参考に新商品の流通在庫を適正化させている。